kikuikai Bridal Society のすべての投稿

新緑を歩けば心も近づく

お見合いの後、まだお相手の人となりをよく知らない時期の初めてのデートでは、できればゆっくり落ち着いてお話ができる場所をお選びになることをお勧めします。例えば、ホテルのカフェであれば、席もゆったりしていて、ほどよい距離間で会話をすることができますし、接客スタッフからは行き届いたサービスをいただける点で安心です。また、そのホテルが庭園付であれば、庭園を散策しながらお話するのも良いでしょう。

 

新緑が眩しいこの季節。樹木から放たれるフィトンチッドが、お二人のこころをリラックスさせてくれると共に、距離感を縮めてくれることでしょう。

 

おすすめの庭園

東京都千代田区: ホテルニューオータニ(東京)
・日本庭園

東京都文京区: ホテル椿山荘東京
・庭園・アクティビティ

東京都港区: グランドホテル高輪
・日本庭園

 

自分磨きにお勧めの展示会情報

台東区:東京国立博物館

特別展「法然と極楽浄土」<2024年4 16日(火) ~ 6月9日(日)>

本展は、令和6年(2024)に浄土宗開宗850年を迎えることを機に、浄土宗850年におよぶ歴史を、全国の浄土宗諸寺院等が所蔵する国宝、重要文化財を含む貴重な名宝によってたどるものです。困難な時代に分け隔てなく万人の救済を目指した法然と門弟たちの生き方や、大切に守り伝えられてきた文化財にふれていただく貴重な機会です。


千代田区:東京ステーションギャラリー

どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより<2024年4月27日(土) ~ 6月23日(日)>

江戸幕府創設からおよそ420年。大都市江戸・東京の担い手であった人々は、どのように動物とかかわってきたのでしょうか。江戸東京博物館の61万点にも及ぶ膨大な収蔵品のなかから、人と動物との関係を物語る美術品や工芸品など約240件をご紹介します。2022年にパリ日本文化会館(フランス)で好評を博した展覧会を拡充した凱旋帰国展です。


台東区:東京都美術館

デ・キリコ展<2024年4月27日(土)~8月29日(木)>

初期から描き続けた自画像や肖像画から、 画家の名声を高めた「形而上絵画」、西洋絵画の伝統に回帰した作品、そして晩年の「新形而上絵画」まで、世界各地から集まった100点以上の作品で デ・キリコ芸術の全体像に迫る大回顧展です。

ときめくめぐり逢い♪

4月は様々な場面で、新たなめぐり逢いが期待できる月。そんな新たな出逢いと言えば、最たるものは「お見合い」かもしれません。未知なる方との出逢いの場で、如何にしてお相手が自身にとって相応しいか否かを、短時間で見抜かなければなりません。しかし初対面でそれをクリアするのは至難の業。ですから、初の顔合わせの段階では、目の前のお相手が”未来”へと繋がる人かどうか、事前に得たお相手の情報を基に、まずは人となりを広く浅く確認されることをお勧めします。

 

自分磨きにお勧めの展示会情報

新宿区:SOMPO美術館

北欧の神秘—ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画<2024年3月23日(土)~ 6月9日(日)>

本展覧会は、ノルウェー国立美術館、スウェーデン国立美術館、フィンランド国立アテネウム美術館という3つの北欧の国立美術館のご協力を得て、各館の貴重なコレクションから選び抜かれた約70点の作品を展覧するものです。19 世紀から20世紀初頭の国民的な画家たち、ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクやフィンランドの画家アクセリ・ガッレン=カッレラらによる絵画などを通して、本展で北欧の知られざる魅力に触れていただければ幸いです。


千代田区:静嘉堂文庫美術館

画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎「地獄極楽めぐり図」からリアル武四郎涅槃図まで<2024年4月13日(土)~6月9日(日)>

絵師・河鍋暁斎と、探検家で好古家、著述家、北海道の名付け親である松浦武四郎は、幕末から明治期を生きたマルチタレントです。二人の交流は明治の初め頃からあり、武四郎は愛玩品を集めた書物『撥雲余興(はつうんよきょう)』(当館蔵)等の挿絵を暁斎らに依頼しています。住いも近く、共に天神を信仰し、情に篤い二人の記念碑的作品は何と言っても「武四郎涅槃図」です。本展では、「武四郎涅槃図」とそこに描かれた、「大首飾り」(当館所蔵)をはじめとした武四郎愛玩の品々(武四郎記念館所蔵品と当館所蔵品)を同じ空間で展示し、「武四郎涅槃図」を立体的に再現します。


中央区:三井記念美術館

茶の湯の美学「利休・織部・遠州の茶道具」<2024年4月18日(木)~6月16日(日)>

三井家から寄贈された美術品の中で茶道具は、江戸時代以来長年にわたり収集され蓄積したもので、数と質の高さにおいては他に例を見ないものです。茶の湯の歴史を研究する上でも貴重な作品群となっています。今回の展覧会では、その中より桃山時代から江戸時代初期、茶の湯界をリードした千利休・古田織部・小堀遠州の茶道具を選び、それぞれの美意識を探ります。

春らんまん

草木が芽吹き始めるこの時期、これまでの寒さに縮こまり気味だった気持ちが徐草木が芽吹き始めるこの時期、これまでの寒さに縮こまり気味だった気持ちが徐々に緩んでくるような、そんな季節でもありますね。花屋の店先に並ぶ花の種類も増え、自然と足を止める回数が増えていませんか?また、食用としても親しまれている菜の花が南から順に開花しています。黄色い絨毯のように一面に咲き広がる光景は見事なものです。

 

参考:「菜の花/いすみ鉄道株式会社」(ちば観光ナビより)
https://maruchiba.jp/index.html
https://maruchiba.jp/event/detail_10845.html

 

自分磨きにお勧めの展示会情報

中央区:三井記念美術館

三井家のお雛様<2024年2月10日(土) 〜 4月7日(日) >

日本橋に春の訪れを告げる「三井家のおひなさま」展。今年も三井家の夫人や娘たちが大切にしてきたひな人形やひな道具を、一堂に公開します。


港区:国立新美術館

マティス 自由なフォルム<2024年2月14日(水) ~ 5月27日(日)>

本展はフランスのニース市マティス美術館の所蔵作品を中心に、切り紙絵に焦点を当てながら、絵画、彫刻、版画、テキスタイル等の作品や資料、約150点を紹介するものです。


港区:大倉集古館

企画展 大倉集古館の春 ~新春を寿ぎ、春を待つ~<2024年1月23日(火)~3月24日(日)>

令和6年の春を祝し、干支や吉祥、花鳥風月をテーマとした絵画を中心に展観いたします。新春
を寿ぎ、来る春を待つにふさわしい当館所蔵品をお楽しみいただきます。

聖ウァレンティヌスの思召しに倣って

「恋人たちの日」として祝われるようになったバレンタインデー。その由来は3世紀のローマにまで遡ります。当時のローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由から、兵士たちの婚姻を禁止していました。そんな中、婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、隠れて兵士たちの結婚式を行っていたのが、キリスト教司祭であるウァレンティヌスでした。

 

彼の噂はやがて皇帝の耳に入り、怒った皇帝はウァレンティヌスに二度とそのようなことがないように命令しました。しかし、ウァレンティヌスは毅然と自らの意志を貫いたがために処刑されてしまいます。後世の人々は、彼の勇気ある行動を讃えると共に、愛の守護聖人「聖ウァレンティヌス」として祀るようになり、ウァレンティヌスが処刑された2月14日を「Saint Valentineʼs Day」と呼び、お祝いするようになったのです。

 

ウァレンティヌスの死から1000年以上経った14世紀以降になると、聖ウァレンティヌスを悼む宗教行事だったバレンタインデーが、カップルが愛を祝う日として定着していき、現代では世界各国で恋人や家族などと愛を祝う日になっています。

 

自分磨きにお勧めの展示会情報

千代田区:静嘉堂文庫美術館

岩崎家のお雛様<2024年2月17日(土) 〜 3月31日(日) >

三菱第四代社長・岩﨑小彌太(1879~1945)が孝子夫人(1888~1975)のために京都の人形司・丸平大木人形店(丸平)で誂えた「岩﨑家雛人形」。その内裏雛は、白くつややかな丸いお顔が愛らしい稚児雛(ちごびな)です。小彌太の本邸客間を飾った雛人形は戦後散逸しましたが、2018年、当館に揃って寄贈され、里帰りをはたしました。
本展では、小彌太の還暦を祝し丸平に特注した「木彫彩色御所人形」のほか、丸平文庫が所蔵する岩﨑家旧蔵の御所人形も展示。岩﨑家に伝わった「白綸子地松竹梅鶴模様打掛」(個人蔵)なども初公開いたします。


千代田区:出光美術館

生誕300年記念 池大雅—陽光の山水<2024年2月10日(土)~3月24日(日)>

墨や色の点描だけで樹葉のさざめきや水面のきらめきが表された山水。はるか遠い中国の西湖や瀟湘八景の景勝地にいまも私たちを降り立たせてくれる山水画は、日本の自然をこよなく愛した池大雅(いけのたいが)(1723 – 76)の登山体験から生まれました。幼少より中国の文人文化に憧れた大雅の清らかな人となりを紐解きながら、富士図から中国の名勝図、四季山水図に至るまで体感的な山水画の秘密を探ります。優しく喜びに満ちあふれた筆づかいに、心うるおうひと時をお楽しみください。


港区:サントリー美術館

四百年遠忌記念特別展  大名茶人 織田有楽斎<2024年1月31日(水) ~ 3月24日(日)>

織田信長の弟・織田有楽斎(長益、1547~1621)は、信長、秀吉、家康の三天下人に仕えて戦乱の世を生き抜く一方、茶の湯を深く愛好しました。京都・建仁寺の塔頭である正伝院内に建てた国宝の茶室「如庵」をはじめ、有楽斎の美意識は現代の茶道に息づき、規範とされています。本展は、織田有楽斎の四百年遠忌に際し、有楽斎ゆかりの寺・正伝永源院の寺宝を紹介するとともに、有楽斎にまつわる茶道具の名品や手紙などからその稀有な人物像に迫ります。

龍の背に乗って上昇気流

今年は十干の始まり甲の辰の年、前回の甲辰の年にはアジアで初めてとなる東京オリンピックの開催、世界発の高速鉄道「東海道新幹線」が開通など、日本の経済成長を世界に広めた年でした。

 

辰は十二支のうち、唯一架空のものですが、天に昇るイメージから、その年は運気が上昇して夢が叶いやすい縁起の良い年と言われています。また甲辰の甲は青色にあたることから「青龍」の年でもあります。今からでも遅くない、今年の開運スポットの一部をご参考までに紹介します。

 

・青森県 十和田神社
・京都府 八坂神社
・東京都 田無神社    ※東方が青龍神

 

自分磨きにお勧めの展示会情報

台東区:東京国立博物館

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」<2024年1月16日(火) 〜 3月10日(日) >

本阿弥光悦が、篤い信仰のもと確固とした精神に裏打ちされた美意識によって作り上げた諸芸の優品の数々は、現代において私たちの目にどのように映るのか。本展を通じて紹介いたします。


台東区:東京都美術館

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵<2024年1月27日(土) ~ 4月7日(日)>

ほとんどが初来日となる同館の印象派コレクションを中心に、日本でもよく知られるモネ、ルノワールなどフランスの印象派にくわえ、ドイツや北欧の作家、国際的に活動したサージェント、さらにはアメリカの印象派を代表するハッサムらの作品が一堂に会します。


港区区:山種美術館

癒やしの日本美術 ―ほのぼの若冲・なごみの土牛―<2023年12月2日(土)~ 2024年2月4日(日)>

日常が大きく揺らぎ、不安定な世界情勢が続く今、「マインドフルネス」、「ウェルビーイング」、「チル」といった心の動きを意識する言葉が時代のキーワードとなっています。その背景として、自分自身の内面と向き合い、心を癒やすことが求められているといえるでしょう。このたび山種美術館では、日本美術の鑑賞を通して、心が癒やされる展覧会を開催します。

断捨離で素敵な出逢いを★

早いもので、今年も残すところ数十日となりました。今年、幸運な出逢いに恵まれた方は、来年の更なる幸運を呼び込むために。一方、今年は期待したほどでなかった方は、来年のより良い出逢いを招くために、それぞれ思い切って断捨離いたしましょう。

 

タンスの中の何年も袖を通していない服や、衝動買いしたけど似合わないアクセサリー等々、不用品はぜひ年内に一掃を。空間だけでなく心も浄化してくれる掃除を入念にすれば、身も心もスッキリして、新年を迎えられること間違いありません。

 

自分磨きにお勧めの展示会情報

千代田区:東京ステーションギャラリー

みちのく いとしい仏たち<2023年12月2日(土) ~ 2024年2月12日(月)>

江戸時代、青森・岩手・秋田の北東北のくらしのなかで、仏師でも造仏僧でもない、大工や木地師(きじし)の手による民間仏、約130点を紹介し、日本の信仰のかたちについて考えます。


中央区:アーティゾン美術館

マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼 <2023年12月9日(土)~ 2024年3月3日(日)>

本展覧会では、キュビスムの画家として活動していた初期から最晩年の大作《三人の若い女》に至るまで、ローランサンの幅広い活動を紹介します。


墨田区:すみだ北斎美術館

特別展「やまと絵-受け継がれる王朝の美-」<2023年10月11日(水) ~ 12月3日(日)>

北斎が描く武者絵は、鎧を着ていてもその人物の動きを絵として表現することが意識されています。本展は北斎や門人たちがサムライを描いた作品を集めた展覧会です。

心華やぐ☆クリスマスマーケット

この時期、世界各地でクリスマスマーケットが開催されています。その発祥はドイツと言われていますが、日本でもおなじみのイベントになりました。

 

 

クリスマス一色に彩られた雰囲気の中、カップルで家族で、そして仲間たちとクリスマス用の飾りやプレセントを選び、屋台のソーセージ(ブラートヴルスト、ニュルンベルガー)をつまみに、クリスマスの定番の飲み物ホットワインやビールを飲み交わしながら、わいわいとクリスマス前のひと時を楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

日本のクリスマスマーケット

東京都新宿区 / 東京クリスマスマーケット2023 in 明治神宮外苑

【開催期間】2023年11月23日(木・祝)~12月25日(月)
【開催時間】11時〜21時※ラストオーダー20時30分


神奈川県横浜市中区 /「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」

【開催期間】2023年11月24日(金)~12月25日(月)
【開催時間】11月25日(土)~12月8日(金) 11:00~21:00
12月 9日(土)~12月25日(金) 11:00~22:00
※ラストオーダーは営業終了30分前


大阪府大阪市天王寺区 / 大阪クリスマスマーケット2023 in てんしば

【開催期間】2023年12月1日(金)~ 12月25日(月)
【開催時間】11:00~21:00(荒天中止)          ※ラストオーダー20:30


自分磨きにお勧めの展示会情報

台東区:上野の森美術館

モネ 連作の情景<2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日)>

国内外のモネの代表作60点以上が一堂に会す本展では、モネの代名詞として日本でも広く親しまれている〈積みわら〉〈睡蓮〉などをモティーフとした「連作」に焦点を当てながら、時間や光とのたゆまぬ対話を続けた画家の生涯を辿ります。


新宿区:SOMPO美術館

ゴッホと静物画―伝統から革新へ<2023年10月17日(火)~ 2024年1月21日(日)>

本展覧会は17世紀オランダから20世紀初頭まで、ヨーロッパの静物画の流れの中にゴッホを位置づけ、ゴッホが先人達から何を学び、それをいかに自らの作品に反映させ、さらに次世代の画家たちにどのような影響をあたえたかを探ります。


千代田区:出光美術館

青磁─世界を魅了したやきもの<2023年11月3日(金・祝)~2024年1月28日(日)>

本展では、青磁の誕生前夜の灰釉陶器から、漢時代に成熟し始める越州窯、日本人が愛してやまない龍泉窯青磁など、中国における青磁の展開を中心に取り上げながら、高麗や日本、さらには東南アジアなどの青磁も紹介し、世界の人々を魅了した青磁の魅力に迫ります。


 

ハロウィンで悪運退散★

古代ケルト民族の祭礼を起源とするハロウィンは、キリスト教の祭日のひとつである“諸聖者の日”の前夜祭として10月31日に行われます。夏の終わりを告げ、秋の収穫を祝うとともに、悪霊を追い払う宗教的な祭礼です。また、仮装することで、悪霊から身を隠すために仮装をするという風習があります。

 

日本では、宗教的な意味合いよりも、秋を祝うイベントのひとつとして、テーマパークを初め、全国で定着してきました。老若男女が仮装やコスプレでこの祭りを楽しんでいます。

 

自分磨きにお勧めの展示会情報

千代田区: 国立近代美術館

生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ<2023年10月6日(金)~12月3日(日)>

代表的な板画作品はもちろん、最初期の油画や⽣涯にわたって取り組み続けた倭画に加え、⾼い⼈気を博した本の装幀や、⻑く⼤衆に愛された包装紙の図案など、優れたデザイナーとしての⼀⾯も取り上げ、棟⽅芸術の全貌に迫ります。


台東区:国立西洋美術館

パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ<2023年10月03日~2024年01月28日>

本展では、世界屈指の近現代美術コレクションを誇るパリのポンピドゥーセンターの所蔵品から、キュビスムの歴史を語る上で欠くことのできない貴重な作品が多数来日し、そのうち50点以上が日本初出品となります。20世紀美術の真の出発点となったキュビスムの豊かな展開とダイナミズムを、主要作家約40人による絵画を中心に、彫刻、素描、版画、映像、資料など約140点を通して紹介します。


台東区:東京国立博物館

特別展「やまと絵-受け継がれる王朝の美-」<2023年10月11日(水) ~ 12月3日(日)>

本展は千年を超す歳月のなか、王朝美の精華を受け継ぎながらも、常に革新的であり続けてきたやまと絵を、特に平安時代から室町時代の優品を精選し、ご紹介するものです。これら「日本美術の教科書」と呼ぶに相応しい豪華な作品の数々により、やまと絵の壮大、かつ華麗な歴史を総覧し、振り返ります。

秋バテ対策は運動で!

白露の候となり、漸く朝晩が過ごしやすくなってきましたが、皆様には如何お過ごしでしょうか。猛暑から解放され、涼しくなった頃に、疲労感やだるさが続き頭痛や食欲不振が見られる方は、秋バテかもしれません。

 

原因は寒暖差による自立神経の乱れと言われています。この乱れを解消するのに30分程度のウォーキングやストレッチなどの適度な運動が良いと言われています。朝晩の涼しい時間帯に試してみては如何でしょうか。

 

自分磨きにお勧めの展示会情報

中央区: 三井記念美術館

超絶技巧、未来へ!明治工芸とそのDNA 「超絶技巧!明治工芸の粋」展<2023年9月12日(火)~11月26日(日)>

「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」展で多くの観衆を魅了した「超絶技巧」シリーズの第3弾。金属、木、陶磁、漆、ガラスなど様々な素材により、新たな表現領域を探求する現代作家の作品をご紹介いたします。


世田谷区:五島美術館

[館蔵]秋の優品展 白・黒・モノクローム<2023年8月26日(土)~10月15日(日)>

五島美術館と大東急記念文庫の収蔵品から、「白・黒・モノクローム」をキーワードに水墨画や禅画、書、陶芸など様々な美意識を表現した名品約50点を展観します。特集展示として館蔵の日本陶磁コレクションも同時公開。


台東区:国立科学博物館

特別展「海 ―生命のみなもと―」<2023年7月15日(土)~10月9日(火)>

私たちの身近にある「海」の誕生から現在について、多様な生物や人と海の関わりを紹介し、さらには海との未来を考えていく特別展です。