土用の丑の日には。

今年の夏は「土用の丑の日」が2回あります。7月23日の「一の丑」と8月4日の「二の丑」になります。うなぎが大好物の方にとっては嬉しい年ですね。
さて、この時期にうなぎばかりではなく「う」の付く食べ物や、「土用」の時期にとれた食べ物を食べる風習もあります。そもそもうなぎが苦手な方にはこちらがお勧めです。

 

・「う」のつく食べ物
牛肉(うし)・うに、瓜・うどん・梅干しなどです。いずれも栄養価が高いものや、夏の食欲がない時期でも食べやすい食材であることかが共通しています。
・「土用」の時期の食べ物
土用卵、土用しじみ、土用餅。滋養にすぐれて、夏バテに効果のある食べ物です。

 

自分磨きにお勧めの展示会情報

三井記念美術館

茶の湯の陶磁器~“景色”を愛でる~<2022年7月9日(土)~9月19日(月・祝)>

三井家が収集した茶道具の中心となるのは陶磁器を「景色を愛でる」という括りで取り上げています。


サントリー美術館

歌枕 あなたの知らない心の風景<2022年6月29日(水)~8月28日(日)>

かつては誰もが思い浮かべることのできた日本人の心の風景、歌枕の世界をご紹介し、日本美術に込められたさまざまな思いを再び皆さまと共有することを試みます。


出光美術館

生誕150年 板谷波山─時空を超えた新たなる陶芸の世界<開催期間 2022年6月18日(土)~8月21日(日)>

近現代陶芸の旗振り役の一人として評価される板谷波山(本名・嘉七、1872 – 1963)の生誕150年を記念して、その生涯と作品を紹介する回顧展を開催します。 本展では、多様かつ創造性に溢れる波山の作陶への思いと作品の変遷を辿り、今でも色褪せることのない波山陶芸の魅力を紹介します。